弁当・夕食作りに奮闘するサラリーマンのブログ

数年前から始まった娘の弁当・家族の夕飯作りに奮闘する日々の記録

今夜も家内の当番

今日から、いよいよ新規採用された塾のデビューの日となった。4時過ぎから7時半まで掃除から始めて、生徒の授業管理など一通り無事終えることが出来た。唯一、困ったのは中学生の理科。電気分解の話で、電極棒に銅を使うとあり、生徒から「なぜ、銅なの?」と問われ、答えられなかった。ネットで調べて何とか答えたが、理科が当面自分にとって一番の難敵と思われ、心して掛からねばならないと覚悟した次第。
前に塾では、え?こんなオジサンが先生?という反応を示す生徒が多かったが、今度の塾では意外にそんな反応を示す児童・生徒が少ない。これを良しとするか、距離が一層広がったと見るか難しいが、そのうち現実が見えてくると思われる。