弁当・夕食作りに奮闘するサラリーマンのブログ

数年前から始まった娘の弁当・家族の夕飯作りに奮闘する日々の記録

今夜は肉じゃがなど

今日は7時過ぎまで宴会で、帰宅後慌てて夕食を用意したため、完全に手抜き。でも、肉じゃがとサラダの2品を用意した。あとは、種無しブドウをデザートで用意したのみ。
今日は会社で面接があり、来年4月以降も残ってほしいという打診があったが、丁重にお断りした。11月、12月になって、気が変わっても大丈夫なので、会社としては諦めていません、と有難い言葉も。待遇が良くなるのであれば、考え直してもいいかもしれないが、ただ、会社の都合で残ってください、待遇は変わりませんが、では厳しい。農業学校にハローワークの就農支援事業で授業を受けるだけで、今の時給の8割以上貰えるのであれば、好き好んでストレスを貯める仕事をやるようなおめでたい人は、いないのではなかろうか!


義母への献立

今日は、家内の母にもらったピーマン、ナス、キューリをメインの料理を作って家内に持参してもらった。
昨日は、同期7人で日帰りツアーだった。9月で定年退職する仲間の送別旅行だった。露天風呂が熱くて堪らなかったが、いい思い出にはなると思う。60歳前後になると皆、健康とお金が中心の話題となるが、私以上に健康オタクはいないと悟った。私の議論に否定的な人たちは複数あったが、私のように家族の食事をほぼ365日やっている仲間はいないし、まだ、ラインの部課長で仕事にひたすら頑張っているメンバーもあり、とても長生きするようには思えない。定年退職を迎える同期も、遊んで暮らすことを主眼に色々考えているようで、今は、バラ色かもしれないが、1年後、2年後はどうなのか、聞いていて大丈夫か?と思わざるを得なかった。私がこの7人の中で一番多くローンを抱えているし、次の退職者(来年3月)で、どうやって暮らすんだと心配されたが、皆には言わなかったが、病気の娘の食事を365日考え、一人で住む家内の母とその母の飼っている犬のケアを毎週末行っている身として、彼らより長生きしない理由は今のところ見当たらないと、改めて認識した次第。




今夜は土用のウシでかば焼き

今日は、お昼の休憩中、会社近くのスーパーの庭先で焼き立てのウナギを2匹買って、夕食に備えた。去年結婚した娘夫婦にもおすそ分けしてあげた。すぐ近くの別なスーパーのかば焼きはもっと安かったかもしれないが、大量生産品で、様々な添加物の記載があり、焼き立てを買って正解だった。1匹税込み2200円と我が家にはちょっと痛かったが、有意義な夕べとなった。因みにウナギの色の違いは、半分は家内が昨夜買ったものも混ざっているため。