弁当・夕食作りに奮闘するサラリーマンのブログ

数年前から始まった娘の弁当・家族の夕飯作りに奮闘する日々の記録

今夜は親子丼とサラダ・味噌汁

毎日丼物続きであるが、作り手としては楽でよい。もも肉は値段が高いので、2割引きのものを半分買い、胸肉は通常値段で半分買って作業開始。それにしても、どうして2倍ほどの値段の差があるのか??? 玉ねぎと卵、それに水菜を最後に加えて完成。
連休明けで、仕事もまだ本格始動状態となっていないが、過去4か月間の塾のサイドビジネスに忙しかった時代が懐かしいというか、よくそんな意欲があったな、と。今は次の塾からの採用通知待ち状態であるが、娘の状態もあるし、しばらくアフターファイブはフリーでもいいのかなと思えるようになった。どうころんでも、再雇用の時給を上回る給与を払うような塾はないのだから!


今夜は牛丼+酢キャベツサラダと味噌汁

やはり、9連休後の勤務はしんどい。8時間が苦痛だった。同期の一人に会ったら、久しぶりに5月病になったと話していた。数日前から、今日の出社が苦痛だったようだ。ここ10年近く、覚えている限りでは自分自身は5月病のような出社が苦痛と感じることはほとんどなかった。とは言え、定年後、驚愕の給与ダウンで、来年3月が限界だという思いは変わらない。
今日の牛丼は、国内牛。明日が消費期限日で100円引きだった。酢キャベツだけでは、家内も娘も食べてくれないので、キューリとトマトを加えて、ごま油・麺つゆで味を整えた。


今夜は手作り餃子

今夜は珍しく、家内による手作り餃子。ここ10年で初めての快挙と言える。
写真は、食事の終わりごろに思い出して取ったので、ちょっとしか映っていないが、約50ケの餃子を娘と2人で作ってくれた。
いよいよ9連休を終え明日から会社だ。ここ10日の平均起床時刻も6時半頃で、明日の朝特に気を付ける点はないが、塾と全く違う新しい仕事に向かうことを想定した第2の人生を迎えるヒントも得られた貴重なゴールデンウィークとなった。